鎖帷子

e0374932_06041563.jpg


こんなの着てたら刀で切られても助かる確率高くなるよなあ。
無傷とはいかないにしても。

でも突かれたらどうだろう?
切っ先はグサリと突き刺さりそうだけど。

いずれにせよ重いんだろうなあ実際着てみたら。

@伊賀流忍者博物館



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
# by mzdog43 | 2017-03-13 06:08 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

僕はマイクロフォーサーズ機をメインで使用している。

が、4/3インチという素子にこだわっている訳では無くて、小さくて軽くて廉価で使いやすいミラーレス機が好きなのである。

だから「小さくて軽くて廉価で使いやすいミラーレス」であれば、ライカ版フルサイズでもAPS-Cでもかまわないちゅうたら、かまわない。

でも、気に入ったカメラが無いんだよなあマイクロフォーサーズ以外には。

それにライカ版はもちろんAPS-Cでも、特にズームレンズを使用したとき、よほど上等のレンズを使用しないと周辺部が歪曲したり光量が低下したりして気持ち悪い。

「よほど上等のレンズ」を使用すると、巨大かつ高価になってしまう。

その点、マイクロフォーサーズは安もんのレンズでもキッチリ開放から使えるのである。

素子が小さい故か、ボディ内手ぶれ補正やゴミ取り装置が強力なのも良い。

それに、オリンパス機の場合、そのデザインが気に入っている。

いや~懐かしい。
昔のOMを思い出す。
銀塩一眼レフを使っているような感覚がよみがえるのであるよ、おじさん(おじいさん(^_^;)にとっては。

パナ機はパナ機でデジタルカメラとして操作感覚が洗練されているし、写りも良いしね。


LUMIX G7 @宇治橋西詰めの喫茶店
e0374932_06542419.jpg


LUMIX G7 @源氏物語ミュージアムの横の鉄塔
e0374932_06582476.jpg


僕はスナップ専門家なのである。

三脚立ててじっくり時間を待つなんて撮り方したことがない。
まあ、ほとんど無い。

パッと撮ってさっと逃げる・・・チョロスナ一筋ですな(^_^;

よくマイクロフォーサーズは背景がぼけないとか言われるけど、スナップにはこれぐらいがちょうど良い。

使用するレンズによったらAPS-Cと同程度には十分ぼけるしね。

高感度とか言われても僕はそんなに気にしないしなあ。


OM-D E-M1 @平等院から県神社へ行く裏道にある民家
e0374932_06550121.jpg


OM-D E-M1 @横大路(市バス車庫の辺り)
e0374932_06550532.jpg


マイクロフォーサーズのことを「B級グルメ」だと言う人がよくいる。

うまいこと言うなあと思うのである。

変にでかくて重くて値段の高いカメラは気を遣う。

フランス料理や会席料理より、お好み焼き屋や居酒屋の方が気分が楽でしょ。
そんなことないですか?
僕はそうなんですよ。

でも最近のE-M1 MarkⅡ だとかGH5だとかは20万円以上するんだよなあ(^_^;

ううむ。
20万っちゅうたらAPS-Cのフラッグシップ機やライカ版の初・中級機が買える値段である。

も・もはやB級ではなくなってきたなあマイクロフォーサーズも・・・(O_O)

確かにAF性能はもはやレフ機と並ぶぐらいになったし、連写性能はすでにはるかにしのいでいる。

いや~立派になったものです。


しかしである。

立派になりすぎである!!(キッパリ)

フラッグシップ機は、まあそれはそれで存在意義があるんだろうけど。
初心忘れるべからず!
B級グルメとしての矜持をもってもらいたい!

これが私の主張である。

あまり支持されるという気はしないけど(^_^;


OM-D E-M10 MarkⅡ @鳥羽みなとまちミュージアム(乱歩館)
e0374932_06551200.jpg


OM-D E-M10 MarkⅡ @鳥羽みなとまちミュージアム(乱歩館)
e0374932_06551538.jpg


OM-D E-M10 MarkⅡ @鳥羽みなとまちミュージアムの隣にあるスナックのママさん
e0374932_06552193.jpg


ところでこれは以前から何度も言っていることだ。
(引っ越し前のブログなんかで)


ペンタックスとニコン!

マイクロフォーサーズ陣営に参加しなさい!

特にペンタックス。
さすがにQシリーズはやめたみたいだけど、それでも中判デジタルとライカ版フルサイズ、APS-C、それミラーレスと四系列のシステムを展開するのはタイヘンだろう。

マイクロフォーサーズに参入すれば、既存のレンズがそのまま使えるから、当面標準ズームと望遠ズーム、パンケーキ単焦点ぐらい出しとけば十分商品として通用するぞ。
デザインは銀塩時代のMEスーパーのそっくりさんでお願いしたい。

それにニコン。
1インチコンデジのDL系を発売中止にしたようである。
ニコワンはどうするんだよ~
鳥屋さんには評判良いみたいだけどなあニコワン。

新しくミラーレス用の新マウントを開発するんだろうか?

いっそマイクロフォーサーズに参加しろよと思うのである。
わしはニコンのマイクロフォーサーズ機を使いたい。
アダプターでFマウントレンズも使えるようにしろ。

ダメか?
ペンタはともかくニコンは新マウントを開発する可能性の方が高いかなあ。
それはそれで魅力的ではあるけどね。


以上、駄文・長文 どもでした(._.)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
# by mzdog43 | 2017-03-12 07:06 | カメラの話 | Trackback | Comments(2)

俳聖殿

e0374932_07215189.jpg


e0374932_07215419.jpg


伊賀出身の松尾芭蕉の業績を記念して作られた建物であるらしい。
詳しくは知らない(^_^;

松尾芭蕉が頭に笠をかぶった立ち姿をモチーフにしているらしい。
ま、そういう風に見えなくも無い。
モダンな和風建築。

そう言えば、松尾芭蕉忍者説ってのもあるんだよなあ。

中を覗くとご当人がいらっしゃいます。
木像?かな



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
# by mzdog43 | 2017-03-11 07:26 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

e0374932_06295365.jpg


e0374932_06295792.jpg


e0374932_06300089.jpg


伊賀上野には「だんじり会館」というのがあるのである。

上野城と忍者博物館とだんじり会館で三枚セットの共通券を買ったのだ。

あんまり面白くなさそうだったけど、もうチケット買っちゃったので入館する。

するとですね、これが面白かったのですよ、いやホント。

僕は知らなかったのだけど、上野天神祭というのがあって、そこで町の中に繰り出す「だんじり」を展示してあるんだけど、この天神祭には鬼の行列も行われるのである。

祭で実際に使用される鬼のお面や衣装も展示してあるんだけど、これがまたリアルで恐ろしいのである。

ううむ。

おそるべし伊賀上野天神祭!




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
# by mzdog43 | 2017-03-10 06:36 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

伊賀上野城

e0374932_06115066.jpg


e0374932_06120688.jpg


e0374932_06121135.jpg


e0374932_06121117.jpg


伊賀上野城でございます。

築城の名手と言われた藤堂高虎が徳川家康の命令で作り上げた堅固な城です。

大阪の陣を前にして、万が一敗戦した場合の退却路を確保するため、息子の秀忠軍のために彦根城を、家康自らのためにこの伊賀上野城を作ったようです。

ちなみに現存する天守は昭和になってからの再建です。

地元の何とかさん(今調べたら、衆議院議員の川崎克)が、戦前、私財を投じて建築したこだわりの純和風木造建築だそうです。

ううむ。
素晴らしき郷土愛・・・というかカネ持ってたんやなあ・・・(^_^;



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
# by mzdog43 | 2017-03-09 06:21 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

カメラを一台だけもって旅に出たいけど、金も時間も根性もありませぬ(;.;)