人気ブログランキング |

何気なく思い出すこと

LUMIX G8 G VARIO 12-60mmF3.5-5.6
e0374932_15012045.jpg


e0374932_15012229.jpg


e0374932_15250511.jpg


e0374932_15012548.jpg


歳をとったせいか、折に触れ、昔のことをよく思い出す。

僕が少年だった頃のこと。

例えば、小学校低学年ぐらいだったかなあ。

友達と二人(三人だったかも)で、うちの家で遊んでいた。

絵をかいていたんだけど。

僕の母親がその時分、洋裁・和裁ともに得意な人だったから内職でミシンを踏んでいたのである。
で、内職用の糸か布かを巻いていたのかな?不要になった10センチ四方ぐらいの厚紙が大量にあるのを提供してくれた。
紙がないのか?これ使うか?
みたいな気軽な感じで。

僕は内向的で、かついつもぼや~としている子だったから、勝気な母親からよく18世紀と呼ばれていた。
20世紀の前、19世紀よりさらに前の18世紀人間という意味である(^_^;
しかし、母親だから当然やさしい時もある。

で、正方形の大量の厚紙をもらうことができた。

おおっ!
もう僕たちには宝物に見えましたよ。
宝石よりも輝いていた、その厚紙の束。

で、友達と絵をかいて見せ合った。

当時、怪獣ブームだったからお互いに「すごい」怪獣を考えて見せ合っていた。

するとね、友達が・・・・なんと!
液体怪獣(液体人間だったかも?)を発表したんですよ。

ううむ。

僕は、負けた・・・と思った。

負けた。
どんなに大きくて狂暴そうな怪獣を考えたって、これには絶対かなわない。
だって相手は液体である。

そこで僕は気体怪獣(気体人間だったかなあ?)を考え出したけど、どうもやっぱり二番煎じというか。
子供心に、負けた感がぬぐえなかったのである。

ああ、懐かしい日々。

薄暗い板の間で、隣で母親がミシンを踏んでいて、こいつにはかなわないと思える友達に遭遇した一瞬。



長文、お付き合いありがとうございました(._.)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mzdog43 | 2018-03-15 15:21 | 雑談 | Comments(0)