人気ブログランキング |

実験! ベイヤーセンサーとX-Trans

FUJIFILM X-T100 XF27mmF2.8
実験! ベイヤーセンサーとX-Trans_e0374932_06505145.jpg


FUJIFILM X-E3 XF27mmF2.8
実験! ベイヤーセンサーとX-Trans_e0374932_06505379.jpg


FUJIFILMのカメラは、入門機は通常のベイヤー配列のセンサーを載せている。

中級機以上は、FUJIFILMが独自に開発したX-Transを載せている。

で、巷のFUJIFILMファンの間では、入門機が載せている通常のベイヤーセンサーの方が発色が良いんじゃない????って主張する一部熱烈な信者??のみなさんが存在する。

で、実験した。
(某掲示板に載せた作例でございます(_ _)



一枚目 X-T100
二枚目 X-E3

どちらも

レンズは27mmF2.8。
絞りはF2.8開放
シャッター速度は1/1900
ISO感度は200
フィルムシミュレーションはプロビア

共通

X-T100(通常のベイヤー配列)の方が明るく鮮やかに写る。
ただ、ある意味現実離れした美しさ?なんだよね。
好きな人は好きだし、そうでない人は過剰な記憶色だと思うかも。

X-E3(三代目X-Trans)は、ちょっとアンダー気味に写る。
でも、リアリティはこっちの方があるかなと。
これでも記憶色傾向は結構強いしね。

カメラ内の設定をいじったり、撮影後に加工すりゃ何とでもなる範囲かもとは思うけど。

僕自身の好みはどうかなあ・・・

デフォルトの撮って出し画質で比較して。

常用するならX-Transかな。

ただ、通常のベイヤーセンサーとFUJIFILMの画像エンジンの組み合わせが出してくる、明るくて華やかな世界というのも、独特の魅力がある。

なので、どちらも捨てがたい^^;




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mzdog43 | 2019-03-08 06:55 | カメラの話 | Comments(0)