人気ブログランキング |

どこま~でも行こう! FUJIFILM X-T30

FUJIFILM X-T100 XF27mmF2.8
懐かしいテレビCMですな(^^)


さて、FUJIFILMのカメラ、発色が良いのである。

ウィークポイントはAFである。

なので、第四世代のX-Transを搭載したX-T30には期待大である。
(いわゆるミニX-T3

AFさえ良くなれば、無敵の?旅カメラに認定???


操作系はX-E3と基本同じである。

十字キーをなくして、代わりに液晶をスワイプすることによってメニューを呼び出せる。

AFポイントの移動はジョイスティック(フォーカスセレクター)で可能。

なかなか使い勝手が良い。


ただ、露出補正ボタンが硬すぎる。
指一本で動かせる方が良いんだけどなあ僕は。

X-E3も固めだけど、それよりさらに硬い。
なんでだよ!!


それに操作中、Qボタンを誤って押してしまうことが多い。

X-E3ではそんなことないんだけどなあ。

X-E3では背面の縦長のグリップ(サムレスト)の上下にファンクションボタンが乗っかっている。
X-T30では小さめのサムレストに載っているのがQボタンのみである。
この微妙な差が影響するようだ。

まあ、間違ってQボタンを押しても、押し込んだだけでは設定が変わることはない
その点、誤操作とはならないから安心と言えば安心。


使っている内にさほど気にならなくなったけどね。

露出補正ダイヤルの硬さといい、Qボタンといい。

ま、慣れですか(^^)


それから、背面の液晶はX-T3やX-T100の様な三方向チルトではなく、通常の上下パカパカチルト式である。

なので自撮りはできない。

この点、僕の予想は外れたなあ。
X-T100のパーツをそのまま流用すると思っていたんだけど。

やっぱり旅カメラとしては、自撮りにも対応しないとね。


FUJIFILM X-T100 XF18-55mmF2.8-4
e0374932_06094751.jpg


肝心のAFは、X-T100はもちろん、X-E3に比べても明らかに迷わなくなった。
スパッと気持ちよく合う感じ。

瞳AFもうまく機能するしね。

AFに対するストレスはないですね。
少なくとも僕のような路上スナップ専門家にとっては。


ちなみにカメラの色はブラックです。

最近、シルバー系だとかホワイトだとか結構人気みたいだけど。

やっぱり一眼レフ(じゃないけど^^;)はブラックですよ。

黒。

だって、銃弾飛び交う紛争地で撮影している時、ジャングルで肉食野生動物を撮影している時、カメラが太陽光を反射して少しでもピカッと光ったら・・・・・・

その瞬間、お前の生命はなくなるんだぞ!

だから少しぐらい高くても黒にするんだよカメラは!!!
(今は色が違っても基本値段は変わらないけど昔は黒が少し高かったんだよ塗装代)


勿論、僕は紛争地にもジャングルにも行く予定はないんですけど。

ま、何となくカメラ少年だった時代の刷り込みがあるもんで。
雑誌やなんかを読みあさっていた頃の^^;



以下、とりあえずの作例でございます(_ _)

Jpeg撮って出し。

FUJIFILM X-T30 XF23mmF2


PROVIA
e0374932_06105811.jpg


PROVIA
e0374932_06110138.jpg


クラシッククローム
e0374932_06110477.jpg


クラシッククローム
e0374932_06110768.jpg


ACROS
e0374932_06111053.jpg



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


Commented by noboru-xp at 2019-03-27 08:00
私もX-T20を下取りに出して・・・迷うな(*_*;
ジョイスティックがいいのですよね~。
Commented by mzdog43 at 2019-03-27 11:46
▼ noboru-xpさん
僕はEOS80Dを下取りに出しましたよ~(^^)
もう一眼レフはなくなっちゃいました。
Commented by dialogue2017 at 2019-03-28 00:56
露出補正ですが、補正ダイヤルを「C」の位置にあわせると「前ダイヤル」で補正出来ます。
人差し指をシャッターボタンに置くので中指で操作することになりますが指一本で操作できますよ。
フジフイルムに「後ダイヤル」に設定できるようにすべきだと強く要望したのですが…
後ダイヤルに設定できれば親指の腹で回せて中指より操作性が向上しますので。
このあたりがフジフイルムのカメラ作りの下手さです。

今日1分ほどX-T30を触ってきました。
4〜5回シャッターを切っただけですが、X-T20よりAF性能が各段に上がっています。
AFが遅いと評判のXF35mm F1.4 Rでもかなり早くなったそうです(某写真家談)。
瞳AFはα7Ⅲより精度が高いような印象です。
現時点で最強のスナップカメラだと思います(レンズ交換式カメラで)。
Commented by mzdog43 at 2019-03-28 06:25
▼ dialogue2017さん ども
おお、C位置・・・・・・・ヮ(゚д゚)ォ!
Cの存在自体、初めて知りました!!!
おお、そうだったのか。
偉いぞFUJIFILM。
で、早速試すと、何と・・後ろダイヤルで露出補正ができます。
どうも、メニューの「ダイヤルの設定」で、深く考えもせず後ろダイヤルを「露出補正」に設定していたからのように思われます。
ううむ。
これは良いなあ(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mzdog43 | 2019-03-27 06:16 | カメラの話 | Comments(4)