人気ブログランキング |

2017年 12月 02日 ( 1 )

五重塔を見て考える

OM-D E-M1 MarkⅡ G VARIO 12-60mmF3.5-5.6
e0374932_10591839.jpg


e0374932_10592154.jpg


e0374932_10592376.jpg


e0374932_10592569.jpg


e0374932_10593006.jpg


かつては南都を二分する勢力を誇った巨大な寺院である。

明治の廃仏毀釈によってその力は急速に衰える。

司馬遼太郎に言わせると、興福寺が本気で廃仏毀釈に反対していたら日本の文化史も少しは変わっていただろうってことである。

実際、不思議なものだよなあ。

それまで信仰の対象として拝んでいた仏像を、一夜にしてたたき壊して風呂のたき付けに使うのだから。

有名な阿修羅像なども同様の運命をたどるところだったけど、奇跡的に助かった。

それも興福寺の仏僧の努力ではなく、外部からの力によってである。

ううむだね。


まあしかし、ある種の文化革命というのはそういうものかもしれない。

よく廃仏毀釈は中国の文化大革命に例えられるけど、こういう混乱期の文化的動揺というのは万国共通のものであろう。

西洋の魔女狩りを持ち出すまでもなく。

だって戦後の日本もそうだよね。

つい昨日まで鬼畜米英を倒せ!とか言ってたのにね・・・


てなことを、ここに来るとよく考える。





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


by mzdog43 | 2017-12-02 11:08 | 雑談 | Comments(4)