人気ブログランキング |

2019年 06月 18日 ( 1 )

関ヶ原

FUJIFILM X-T100 XF27mmF2.8
e0374932_09000561.jpg


結構前だけど、テレビで映画「関ヶ原」を放送していた。

録画しておいたけど、ずっと忘れていた^^;

この間見たんだけど・・・・ううむ。

原作は司馬遼太郎の「関ヶ原」である。

一部脚色はあるけど、概ね原作通りに描いている。

てか、歴史小説だから事実経過は変えようがないけどね。

戦闘シーンは迫力があったし、有森架純のくノ一は可愛かったけど。
(ちなみに原作にくノ一は出てこない)

なんだかなあと思う。

司馬遼太郎の「関ヶ原」は上・中・下の三巻である。

2時間では無理だろう・・・

大河ドラマとまでは言わないけど、せめて10回ぐらいの連続ドラマでないとなあ。

原作のダイジェスト版を見ている雰囲気があって、細部が描ききれない。

原作を読んだ者・原作は読んでなくてもよほどの歴史マニア・・・でなければ、イマイチ訳がわからないのではと思うけどなあ。


ところで、小説でも映画でも、徳川家康は悪役である(^^)

実は僕も家康はキライだ(キッパリ)。

司馬遼太郎の小説に出てくる家康って、大体においてボロカスに書かれている^^;

思うに、司馬遼太郎は大阪人である。

確か東大阪。

関西では人気ないんだよなあ家康って。

特に大阪人は太閤びいきである。
(これが首都圏だと家康びいきが多いんだろうけど)

僕が中学生の時、社会科の先生が、もし小早川秀秋が裏切らなかったら
もし、関が原で西軍が勝っていたら!
(歴史にifは禁物ですけど)

今頃、日本の首都は大阪で標準語は関西弁になっていた。

NHKのアナウンサーは夕方のニュースで「まいど」と言っていたはずだ。

と、言っていた(^^)

僕は首都は大阪じゃなくて伏見(京都)だと思うけどなあ。

秀吉は伏見(桃山)城で政務をとっていて周辺には大名屋敷が並んでいた。
江戸時代の参勤交代に近い体制ですな。
(僕が以前住んでいた家は「西伊達町」にあった。伊達政宗屋敷跡ですな)

豊臣政権は、実質「伏見幕府」だと書いてある歴史書もある。


いや、もし、大阪城から動かなかった毛利輝元が関が原の合戦に参加していたら。

まあ、西軍圧勝ですわ。

小早川も裏切れないし、本家の大将が在陣していればね。

おお・・・毛利(広島)幕府の誕生か??


そりゃ、阪神ファンは巨人にだけは負けたくないし、広島ファンは巨人に寝返った?丸を批判するはずである(^^)


400年経っているのになあ。

歴史は現代に生きている。

ちなみに司馬遼太郎の「関ヶ原」は、歴史を動かす力とは一体何なんだろう?
という根本をテーマにした力作である。

絶対、原作のほうが面白い・・・というか、奥が深い。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-06-18 09:06 | 雑談 | Comments(2)