カテゴリ:カメラの話( 24 )

LUMIX GX7 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL 12-50/3.5-6.3 EZ
e0374932_15421950.jpg


ううむ。

ドイツ、なぜ韓国に負けたのか?

これはネタとして申し分ないよなあ、サッカーフリークの話題として。

やっぱり、なめてたのかなあ韓国のこと。

umi_bariさん、がっくりきてるだろうな(^_^;


e0374932_15434712.jpg


な、話はともかく。


OM-D E-M10 Mk3 である。

価格.comをはじめ、ネット上の掲示板なんかでは評判よくないですね(^_^;

曰く、
ただのマイナーチェンジだろ!
E-M10 Mk3 というよりE-M20だろ!
モデルチェンジして機能が少なくなってどうするだ!
 などなど。

なるほどその通りっちゅうたらその通りである。

ファンクションボタンも減ったし、カスタムメニューが減っている。

例えば、静音シャッター(電子シャッター)を独立した機能ではなくアドバンスフォトモード(長ったらしい(^_^;)に入れてるから、Pモード以外では使えないとか・・・

ま、エンスーな人達には嫌われますわなあ。


e0374932_15435013.jpg


しかしである。

好きだというかわりにシャッターを押したの、銀塩OM10

大場久美子のCMですよ(^_^;
これ僕が初めて買ったカメラですけど。

・・・は、ですね。

AE専用機だったんですよ。

別売のマニュアルアダプターを装着するとマニュアル露出も可能だったけど。

要するに、いわゆる入門機ってやつですな、当時の。

そう思うと、モデルチェンジした E-M10 Mark III こそ銀塩OM10の正当な後継者なのかもしれない。

そう思いません?

ちなみに、確かにマイナーチェンジっちゅうたらマイナーチェンジだけど、確実に使い勝手はよくなっている。

AFポイントは大幅に増えているし、画像エンジンも最新で、操作感覚も全般に反応が機敏になっている。

グリップの形状とボディ裏側の親指の当たる所のでっぱり(なんて言うんだったかな?)も大きくなって、小さなボディなのにカメラをしっかり持てる。

小型ボディなのにボタンやその上の表示、ダイヤル類も大きめで適度なクリック感があり、気持ちがいい。

この辺、銀塩OMの設計思想をしっかり受け継いでいる。

ペンタ部?もちょっと大きめにデザイン変更されていて、一眼レフっぽくなったしね(^_^;

使いやすいですよ。

入門機・スナップ専用機としては、なかなか良くできていると思う。




作例は、例によってJpeg撮って出し。

ピクチャーモードはNaturalのままである。
以前だと、Naturalで彩度だけプラス1にしていたんだけど、人間歳をとると脂っこいものは苦手になるのか、正味のNaturalが良いのである(^_^)


OM-D E-M10 Mark III M.ZUIKO D 17mmF1.8
e0374932_15470373.jpg


e0374932_15470691.jpg


e0374932_15470966.jpg


e0374932_15471100.jpg


e0374932_15471411.jpg



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


[PR]
by mzdog43 | 2018-06-28 15:50 | カメラの話 | Trackback | Comments(2)

EOS 80D SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
e0374932_16354666.jpg


キャノンの PowerShot G7 X Mark II である。

もうすぐMark Ⅲ が出るとかいう噂もあるけど(^_^;

どうせ出ても高いだろうし。

とか何とか言い訳考えて・・・

購入いたしました。

カメラバカ一代(._.)


e0374932_16363196.jpg


e0374932_16363742.jpg


電源を入れてレンズを出したところ
e0374932_16364667.jpg


S110との比較ではでかい!
e0374932_16364174.jpg


e0374932_16404257.jpg


ま、いいっすねえPowerShot。

キャノンのコンデジ良いんですよ。

一眼レフよりいいかも!?
ミラーレスよりは確実に良いですなあキャノンの場合(^_^)

PowerShot って、ステップズームって機能があるんですよ。

カメラのマウント付近?
昔の一眼レフなら絞りリングのあった場所にある大型のリングをカチャカチャ回すと、ライカ版換算で24mm・28mm・35mm・50mm・85mm・100mmに段階的にズーミングできる。

しかも、電源を切ってから復帰した時に、きちんと直前にズーミングした位置にレンズが起動する。

これ使っていて気持ちいいです。

後、写りはDIGICの絵作りです。

まあスッキリしてますね。
適度な記憶色。

操作性はなかなかよろしい。

絞りを開いて近づけばそれなりに背景もぼけるし。

もう重いカメラは必要ないなと思わせてくれますね1インチって。

これでレンズを交換できても面白いと思うんだけど、そうするとニコワンになるんだよなあ。

ううむ・・・(^_^;

小さくて、どこにでも持っていける感が良いんですけど、やっぱりPowerShot S110 なんかに比べると、ポケットに入りますよ~♪ とはいかない。

これで、つまり1インチのままS110と同じ大きさになれば、ほんとに楽園なんだけど。

後、名前がパナの GX7 MarkⅡ と紛らわしいのである G7 X Mark II って(^_^;

何とかならんか・・・



以下、作例はJpeg撮って出し
ピクチャースタイルはスタンダード
絞り優先AEまたはPモード

PowerShot G7 X Mark II
e0374932_16410601.jpg


e0374932_16412204.jpg


e0374932_16410845.jpg


e0374932_16411239.jpg


e0374932_16472683.jpg


@宇治市植物公園





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


[PR]
by mzdog43 | 2018-06-03 16:46 | カメラの話 | Trackback | Comments(4)

OM-D E-M1 Mk2 M.ZD 12-40mmF2.8 PRO
e0374932_06065107.jpg


e0374932_06065447.jpg


e0374932_06065766.jpg


e0374932_06070183.jpg


e0374932_06082829.jpg


みなさん、ども(._.)

いつもお世話になっております。

このブログも引っ越してから一周年を迎えました。

めでたし・めでたし パチパチ(^_^)


で、ブログのタイトルからして「43」ですから、マイクロフォーサーズについて何か一言。

言わねばなるまい。



ま、結局、僕はスナップ派なので、重いカメラは苦手だってことです。

でも、小さくて軽けりゃ何でもいいのか?っていうと、そうでもなくてですね。
やっぱり、それなりの「こだわり」ってものがあるわけです。

じゃ、そのこだわりってなんだってことですけど、ううむ・・・何だろう(^_^;

多分、銀塩っぽさだと思うんですよね。

僕の高校生から大学生、社会人になりたての頃ってのは、銀塩MFの小型一眼レフがどど~んと出てきた時期なんですな。

オリンパスOM-1、ペンタックスMEスーパー、ニコンEM、ミノルタX700などなど。

まあ、青春のあこがれですわ。

その印象がですね、その体温感触憧れ・・・うまく言えないんですけど。

マイクロフォーサーズに投影するわけです。



だって、デジタル一眼レフってみんな厚みがあるからね。

ニコンDfなんかでも、団子みたいなボディしてるし(^_^;

ミラーレスでペンタ部(とは言わないんだろうけど)つけると、ホント昔の小型一眼レフになるんですよ。

オリンパスなんか確信犯的にやってますけどね。

もう、昔の銀塩OMのそっくりさんで来られたら、もうおじさんは、おじさんは・・・というい状態になるわけです(^_^)

なので、スナップ向きの小型一眼レフ(風のミラーレス)なら、ホント言ってAPS-Cでもライカ版フルサイズ機でもいいっちゃーいいわけで。



でも、レンズも含めるとでっかくなるんだよなあ、それだと。

今、一眼レフではニコンD7200を使ってますけど、キットの高倍率ズーム付けて広角側で撮ると、どど~っと盛大に歪みますからね。
タル型の歪曲収差っていうんですかね。
そういうのあるし。

高価なレンズ(Lだとかナノクリだとか)使えば問題ないんだろうけど、めちゃでかく・重くなると。

その点、マイクロフォーサーズは小さくて廉価なレンズでも、歪曲収差や周辺部の光量低下なんかあんまりないんですよ。

この辺り、センサーサイズの割に大きめのマウントだし、しかもアスペクト比が4:3ですからね。

ボディ内手振れ補正やセンサーのゴミ取り装置が強力なこともそうなんだけど、小さめのセンサーを採用している利点なんですよね。

もちろん、ボディだけじゃなくてレンズも小さくてきるし。

最短撮影距離は短い。

しかも、銀塩時代の小型一眼レフチックなデザインと操作性を楽しめると。

なので、僕はマイクロフォーサーズ党なわけです。

オリンパス・パナソニック派というか。



ただ、絶対主義者じゃないですよ。

いわゆる原理主義じゃない。

マイクロフォーサーズ機と同じ大きさが、フルサイズ機が実現できれば、魅力的だと思います。

てか、昔の小型一眼レフも、当然フルサイズだったわけで。
35mm版のフィルム使ってるわけですから。

もうすぐ出るって噂のニコンのミラーレスにも期待してたりして(^_^)



ただ、どうだろう?

システム全体としてスナップ向きの軽量小型で、銀塩時代の感触を持っているのは、現状やっぱりマイクロフォーサーズ機というか、オリンパスとパナソニックかな。

当分、その傾向は(少なくとも僕の中では)変わりそうもないのですな。


なので、やっぱりこれからも、マイクロフォーサーズをめぐる冒険は続くのでございます(._.)






にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
by mzdog43 | 2018-02-16 06:12 | カメラの話 | Trackback | Comments(4)

OM-D E-M1 Mk2 M.ZD 12-40mmF2.8 PRO

i-Finish (カメラが勝手に判断するモード)
e0374932_14470780.jpg


カスタム (Naturalで彩度を+1にしている)
e0374932_14470966.jpg


i-Finish (カメラが勝手に判断するモード)
e0374932_14471140.jpg

カスタム (Naturalで彩度を+1にしている)
e0374932_14471537.jpg


i-Finish (カメラが勝手に判断するモード)
e0374932_14471710.jpg

カスタム (Naturalで彩度を+1にしている)
e0374932_14472010.jpg

i-Finish (カメラが勝手に判断するモード)
e0374932_14472319.jpg

カスタム (Naturalで彩度を+1にしている)
e0374932_14472597.jpg

よく「オリンパスブルー」とかいう人が今でもいる。

ううむ。

なるほどJpegでi-Finishというモードを選ぶと、ほかの部分はそうでもないのに、空の色だけ南国の色になる。

かつては、このi-Finishがデフォルトの設定だったんだけどオリンパス。

最近はNaturalになっている。

このNaturalって、さすがナチュラルというか彩度が控えめなので、僕は普段カスタム設定で彩度だけ一段上げている。

これだと、空の色は見たままに写る。

ただし・・・・やっぱり、記録色より記憶色っていうからね。

その辺はお好み次第。

というか、オリンパスといいペンタックスといい、ナチュラルとビビッド(ペンタは「鮮やか」)の中間の「標準」とか「スタンダード」みたいなモードを作らないのは何故なのだろう??と思ったりして。

他のメーカーはみんなそうしているのにね。

ちなみにキャノン機も撮って出しで空の色が思いっきり濃い青に出るけど、キャノンブルーと言わないのは何故?






にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
by mzdog43 | 2018-02-13 14:57 | カメラの話 | Trackback | Comments(4)

ブラケット in 祇園新橋

OM-D E-M1 MarkⅡ G VARIO 12-60mmF3.5-5.6
e0374932_14515850.jpg


e0374932_14520171.jpg


e0374932_14520330.jpg




みんなが夢中になっているのはこれですよ。何ていう鳥かなあ?サギ?

e0374932_15142773.jpg



E-M1mk2で撮っている。。

何度も書いているけど、オリンパス機の良いのは、ブラケット機能である。

露出だけでなく、アートフィルターなど画像モードのブラケットができる。

この日は、「カスタム」(ナチュラルで彩度だけ+1にしている)「モノクローム」「ラフモノクロームⅠ」「ポップアートⅡ」「トイフォトⅡ」の5種類のブラケット撮影をしている。

つまり、一回シャッターを押すだけで、5種類のJpeg画像が記録されるわけだ。

ううむ。

便利だけどね・・・

記録された画像は小一時間で600枚を超えていた(^_^;

だから実際シャッターを押したのは、多分120回ちょっとなんだけどね。

×5だけ記録されていると.

ふ~ですな。
後で閲覧するのが。

しかも結構迷うのである。

ううむ・・・
ちなみに、最初のEOS女子の後ろ姿、初めは「モノクローム」にしようと思っていたのである。

こんな感じ

e0374932_14520844.jpg


でも、思い直して「トイフォトⅡ」にした。
(ちなみにⅠは緑がかっていてⅡは青が強くⅢは赤っぽい)

一枚目ですよ。

迷うんだよホントに。

やっぱりJpegなら一発必中でいくか。

それともRawで撮るべきなのか・・・

とか言いつつ、便利だからつい使ってしまうブラケット(^_^)






写真部門に応募
第二回プラチナブロガーコンテスト
[PR]
by mzdog43 | 2018-01-29 15:04 | カメラの話 | Trackback | Comments(2)

LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX 15mmF1.7
e0374932_14321324.jpg


e0374932_14324438.jpg


e0374932_14324637.jpg


e0374932_14324915.jpg


アスペクト比というのがあって、縦横比って言うんですか。

銀塩一眼レフを使っているときはもちろん、デジタルになってからニコキャノの一眼レフを使っているときも、ずっと3:2だったのである。

それがマイクロフォーサーズを使うようになると、これが4:3なのですな。

僕は、最初マイクロフォーサーズを使い始めた頃、ずっとアスペクト比を3:2に変更して使っていた。

でも、これ考えると要するにマイクロフォーサーズのフォーマットの上下をカットして使っているわけで、唯でさえ面積が狭いと言われるマイクロフォーサーズだからね、もったいないってことで、しばらくして4:3で使うようになっている訳でございます。

で、慣れてくると何の違和感もない

とろろが、たまに一眼レフを使うわけです。

アスペクト比3:2ですよ。

じゃ、使いにくいかというと、全然そんなことはなくて、すっと3:2で撮るのである。

ううむ。

何でしょうこれは・・・単に僕が鈍感だということですか(^_^;





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
by mzdog43 | 2018-01-17 14:42 | カメラの話 | Trackback | Comments(4)

スタンダードの不思議?

OM-D E-M1 Mk2 M.ZD 12-40mmF2.8 PRO
e0374932_15043625.jpg


e0374932_15043966.jpg


e0374932_15044218.jpg


e0374932_15044764.jpg


最近のカメラには色々な画像モードが載せられている。

最初に始めたのはキヤノンだったかなあ?

ピクチャースタイル(略してピクスタ)

で、ニコンがピクチャーコントロール(略してピクコン)

オリンパスはピクチャーモード(なぜかピクモーとは言わない(^_^;)である。

例えばオリンパスはピクチャーモード以外にも、アートフィルターというのがあって、さらにSCNモードというのもある(シーンの略か?SCNって)。

ああややこしい(^_^;



で、その画像モードだけど、キャノンやニコン、ソニー、パナソニックには「スタンダード」というのが存在する。

取りあえずこれ使っときゃ間違いないですから・・・みたいな。

不思議なことにペンタックスとオリンパスには「スタンダード」がないのである。

ううむ。



ペンタックスは「鮮やか」か「ナチュラル」のどっちかを選んで使ってねって仕組みになっている。

デフォルトでは「鮮やか」になってるんだけど、これホントに鮮やかです(^_^;

「ナチュラル」も他社に比べるとナチュラルな感じはなくて、結構派手めの色が出る。



オリンパスは「Natural」か「Vivid」または「i-Finish」を選んでねという仕組みだ。

デフォルトでは、以前は「i-Finish」だったのに、最近は「Natural」に設定されている。

色の派手さでいうと概ね Vivid>i-Finish>Natural である。


ぼくは「Natural」で彩度だけ+1に設定し、それを「カスタム」として登録している。

ただ、「i-Finish」っていうのは、その場の状況に応じてカメラが勝手に判断し、色合いを決めるのである。
だから必ず上のようにはならない。

同じように「i-Finish」で撮っても、色がやけに派手めに出ることもあれば、ナチュラルに出ることもある。

なので、僕は「Natural」で彩度だけ+1を自分なりのスタンダードにしているのである。



ま、RAWで撮れば後でなんとでもなるし、Jpegにしてもオリンパス機はブラケット機能を使えば、一回シャッターを押すだけでいろんな画像モードを同時に記録できるからいいんだけどね。


以上、画像モードにおけるスタンダードの不思議でした。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
by mzdog43 | 2017-11-27 15:09 | カメラの話 | Trackback | Comments(6)

Nikon D7200 DX 35mm/F1.8 G
e0374932_17042135.jpg


マイクロフォーサーズを愛する全国3000万の同志の皆様。
(そんなにいないか(^_^;)

OM-D E-M1 MarkMark II でございます(._.)


e0374932_17042577.jpg


まずは外観から。

無印 E-M1 同様、銀塩OMを連想させるシャープかつソリッドなデザインのカメラです。

グリップが大きく持ちやすくなっている。

若干重くなっているはずなんだけど、無印 E-M に比べて特にボディ自体が大きくなっているとは感じない。
元々そんなに大きく・重いカメラでもないしね。

よくカタログ写真というか、ネットなんかでも正面から撮った写真を載せられているので、やたらグリップの大きさが強調されていかつい雰囲気である。

が、実物を手にした感じでは、単に持ちやすくなったってだけで、無印 E-M1 と違うことはない。
(並べてみてもよく見ないとどっちがとっちか区別がつかない)


e0374932_17042706.jpg


AFは素早く正確です・・・っていうか僕は動きモノはほとんど撮らない。

ま、早い話、宝の持ち腐れってやつです(^_^;

EVFは色の再現性が良くなった。

シャッター音は静かで、あえて静音シャッターを選ぶ必要性を感じない。

出てくる絵は、ううむ。

無印 E-M1 に比べて解像感が高くなって色合いもすっきりしているような気がする。
(あくまで気がするだけ・・・・・・)

大きくなったグリップには、以前より一回り大きくなったバッテリーが収容されていて、バッテリー残量がきちんとで表示される。

これは精神安定上良いんだけど、やっぱり減り方は早い。
この辺、仕方ないよねミラーレスは。

メニューの表示は、何というか悪名高いオリンパスですなその辺。

ま、慣れるけど。


e0374932_17043185.jpg


てことで、念のために言っておくけど。

高いカネ出さなくても無印 E-M1 そのまま使っていたら良いじゃないかとか、スナップ用ならE-M10 Mk3 買えよとか、一眼レフだとD500やD750買えるぞとか。

そういうことは決して言わないように。

さらに言っておくと、無印 E-M1 と E-M1 Mk2 を同じ条件で撮り比べろとか、高感度ノイズはどうだとか、画像を合成してええっと何千万画素だったかなあ何とかモードはどうだとか、そういうややこしいことは聞かないように。

決して聞かないように。

私は機械に弱い(^_^;



若干、作例載せておきます。

Jpeg撮って出し。
ピクチャーモードは「ナチュラル」で彩度だけ+1にしている。


OM-D E-M1 Mk2 M.ZD 12-40mmF2.8 PRO
e0374932_17082704.jpg


e0374932_17083031.jpg


e0374932_17083867.jpg


e0374932_17084226.jpg


e0374932_17084648.jpg


e0374932_17085049.jpg


e0374932_17085383.jpg




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


[PR]
by mzdog43 | 2017-11-19 17:10 | カメラの話 | Trackback | Comments(8)

OM-D E-M1 M.ZD 20mmF1.7
e0374932_11110255.jpg


e0374932_11110773.jpg


e0374932_11111095.jpg


アサヒカメラの11月号を買う。
(今はもう12月号が出ているようだけど)

付録で「MIRRORLESS STYLE」が付いてくる。

よく付いてくるんだよね、このMIRRORLESS STYLE。

内容はミラーレス・スタイルじゃなくてマイクロフォーサーズ・スタイルなんだけど(^_^;


e0374932_11111412.jpg


e0374932_11111867.jpg


e0374932_11112250.jpg

で、前から思っているんだけど、どうもマイクロフォーサーズの中でも作例の役割分担?ができているらしく、オリンパス機の作例はモノクロームやドキュメント風スナップ、あるいはネイチャー系が多い。

パナ機は女性ポートレートや色彩の淡い風景写真である。

オリンパス機でも女性ポートレートが載るときもあるんだけど、いわゆるグラビア写真風の健康的な肌色表現の写真は少ない。

ううむ。

パナ機でもドキュメント風のスナップは撮れるしオリ機でも健康的な肌色表現が可能だ

まあ多少の得手不得手はあるだろうけど。

一眼レフでも、ニコン機は報道や風景キヤノン機はポートレートや商業写真みたいな変な思い込みがあるけどね。


ち・が・う・だ・ろ~ と叫びたい(^_^)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
by mzdog43 | 2017-11-18 11:25 | カメラの話 | Trackback | Comments(0)

Nikon D7200 DX 18-55mm F3.5-5.6 G VR2  お刺身定食@宮津市の寿司屋(名前忘れた)
e0374932_07313680.jpg


e0374932_07314015.jpg


ヨドバシに行く。

ちょっと暇だったので(^_^;

不定期の偵察行動?である。


ニコンのコーナーで、まずD850を触る。

これ、いいですよ~

シャッターを切ったときの感触がたまらん。

まあいわゆる「官能的」というやつですな。

写真機としてではなく、精神安定剤として購入しても良いと思うぞ。

えらい高い薬だけど・・・
それであなた数年は病気?が治まるのなら(^_^)

後、D500も良い。

良いっすよ。
これも十分精神安定剤になります。
家の中でシャッター切っているだけで

D7500のシャッター音はちょっと甲高くて軽快である。

これはこれで良いよねスナップ用として。
しかし、僕はすでにD7200持っているからなあ。
買い換えるほどのものかっていう・・・というか一眼レフ自体ほとんど使わなくなったし。


ニコンは来年にミラーレスを二系統出すって話、本当だろうか。

フルサイズとAPS-C。

出すでしょうね。
というか、出さざるを得ないだろう。
キヤノンですらMシリーズが結構売れているのである。

もしマウントを二種類出すのなら、APS-Cの方はニコワンのマウントをそのまま使うんだろうか?

フルサイズは当然、新しいマウントだろうと思うけど。

いずれにせよ、中途半端に未来的?なデザインはやめて欲しい。

銀塩時代のF70の悪夢がよみがえる。
(コアなニコンユーザしか知らんと思うけどあの操作性って・・・(;.;)

コンサバで良いんだよニコンは。

Dfのボディの厚みを薄くした感じで。

要するに昔の銀塩ニコンよカムバ~クッ!
て感じで。

APS-Cの方は、リトルニコン(ニコンEM)のデジタル版で良いぞ。
そんなの出たらわしは多分買う。


ところで居候EOS 80Dは上の娘の所へ帰って行った。

わしが貸している6Dはまだ帰ってこない(^_^;

キヤノン機は性能良いんだけどね。
DIGICの絵作りも僕は嫌いじゃない。

ないんだけど、なんだか愛着がわかないというのがあるんだよなあキヤノンって。
(全国の、いや全世界のキヤノンユーザすまん(._.)

優等生に対するひがみというものだろうかこれは(^_^;

うまく言えないけど、いわゆる「信者」というのは、やっぱりニコンやペンタックス、オリンパスのユーザに多い気がする。

キヤノンユーザは結構ドライで「キヤノン使ってるのは性能が良いからだよ。ソニーの方が良くなったらそっち使うよ」とか言いそうな気がする。
(あくまで「気がする」だけですので(._.)


結局、理性じゃ無いからねカメラって、というのはある。
(カメラ愛は恋愛に似ている(^_^)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


[PR]
by mzdog43 | 2017-11-12 07:39 | カメラの話 | Trackback | Comments(4)