人気ブログランキング |

タグ:マイクロフォーサーズ以外のカメラ ( 47 ) タグの人気記事

謎の土蔵を・・・

iPhone 8

ドライブインでご主人(よめさん)を待つ犬。
なぜかわしのことはご主人ではなくて家来だと思っているフシがある・・・
e0374932_07003811.jpg


よめさんの田舎の土蔵の整理にでかける。

よめさんと僕とよめさんの妹で片付ける。

なんというか江戸川乱歩の小説に出てきそうな土蔵の二階

裸体の美女が縛られ天井から吊るされている。
白髪の怪人が美女と瓜二つの蝋人形を作製していた・・・

という雰囲気である。
あくまで雰囲気だけね。

犬も連れて行ったけど、ガレージ兼物置で待機
日陰だしね。

お宝が出てきたらどうしよう・・・
ネットオークションにかけようとか、お宝鑑定団に出そうとか言ってたんだけど何も出なかった^^;

一枚、おおこれは・・・という絵が出てきたんだけど、よめさんのお父さんが「戦争中にわしが描いた絵じゃ・・」

鯖江の第36連隊がどうとかこうとか・・・・

いい絵だから残しておこうと思ったんだけど、戦争中の妄念がよみがえるから捨てろと言うので捨てました(_ _)


e0374932_07004169.jpg


e0374932_07004322.jpg


ちなみにお父さんは今93才である(確か)。

89才のときに運転免許を返納した。

直前まで軽トラで田舎の道をブンブン飛ばしてたけど全く危なげのない運転であった。
僕はよく横に乗ってたけど。

今は、どこに行くのでもよめさんの妹(退職して隣の家に住んでいる)のクルマに乗せてもらっている。

戦争中は九州の高射砲陣地にいたらしい。

ところが高射砲はあるけど弾丸がない

高射砲はあるから敵機の攻撃の的になるけど、反撃しようにも弾がない^^;

そんなことより食べるものがない
仕方ないので近くの畑に野菜を盗みに入ったけど、農家の人に見つかって怒られる・・・
が、同情されて、兵隊さんご苦労さんって感じで食料を分けてもらう。

こんなことで戦争に勝てるはずがないと言っておりました。

まあ、でも内地に配属されたから無事に故郷に帰ってこられてよかったよなあ。


e0374932_07004879.jpg


e0374932_07004645.jpg


おまけでござる(_ _)

メルボルン・ビクトリー 対 サンフレッチェ広島

メルボルンに住んでいる下の娘が試合を見に行ってラインで送ってきた。
ACLの消化試合だから観客もまばらである。

本田圭佑、来年はJに戻ってくるのかなあ???



P.S.

えっと、しばちゃん2cvさんの要望で土蔵の中でござる(_ _)

結構、片付いてきた状態ですな。

e0374932_21000373.jpg





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-05-23 07:06 | 雑談 | Comments(2)

さて・・・

連休前後にブラブラとカメラも持たず(スマホがある(^^)散歩するシリーズ。

10連休(っちゅうても全部休めない人多いだろうけど)終わってから三方五湖に行った。

犬はクルマでお留守番。
人間様はウナギを食いに行く。

iPhone 8
e0374932_07514832.jpg


僕が食ったうな重(竹) 4000円也

e0374932_07515088.jpg


よめさんの食ったうな丼(上)
なんと飯の中にまたもやウナギが埋まっている。2階建方式! 2980円。
散財である。
ネットで調べた結構有名なお店。
徳右ェ門

e0374932_07515216.jpg


さすが連休明けの平日である。
ケーブルカーも貸切状態である。

e0374932_07515478.jpg


犬は激しい抵抗もむなしく専用ケージに入れられる。

e0374932_07515704.jpg


三方五湖。
淡水湖・汽水湖などいろいろ種類があるので、よく見ると微妙に色が違ったりする。

e0374932_07520298.jpg


こっちは日本海

e0374932_07520452.jpg


頂上の展望台に「天空の足湯」なるものがある!

e0374932_07520624.jpg


展望台から
順番に写真を撮る
湖→湖→海 の順です。

e0374932_07520928.jpg


e0374932_07521137.jpg


e0374932_07521399.jpg


まあ、ガラ空きですわ。

連休中はすごかっただろうけどなあ人出。

中国人観光客の一団がいて、その周辺だけワイワイしてたけど^^;

後は静寂

頬を撫でる春風

そして絶景

腹はウナギで満腹

ほんとに気持ちよかったですよ(^^)





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-05-13 08:06 | 旅行 | Comments(4)

iPhone 8
e0374932_08304900.jpg


e0374932_08305826.jpg


e0374932_08310100.jpg


連休前に、犬をペット美容院に連れていく。

さらに、予防注射をするために動物病院に連れていく。

これが大変である。

まあ、ビビりまくりますからね^^;

手術台?みたいなところに載せられると石のように固まっていたけど。

動物病院を出た途端に、脱兎の如く(脱犬か)家に向かって走りました。




e0374932_08310350.jpg


e0374932_08310633.jpg


e0374932_08563672.jpg


e0374932_08563809.jpg


e0374932_08311149.jpg


e0374932_08311492.jpg


連休中

よめさんの妹一家が福井からやってくる。

人混みをかき分けて京都市内見物に出かける。

これは建仁寺に行ったときの写真。

ここ、建物の中でも写真撮り放題なのがいいよなあ。

ただし、実物ではなく模造品(複製品か^^;)も多いみたいだけど。

隣接してイノシシ寺(正式名称は・・・知りません(^^)にも行く。

最後の写真、古着屋さんだけど、旧日本陸軍の軍服が飾ってある。

中国人観光客だとか、これ見たら怒るだろう・・・と思うんだけど、最近かの国では若者が旧日本軍の軍服を着てSNSに投稿するのが流行っているらしいから、案外喜ぶのかも。

な、話はともかく。

この古着屋さんの手前の横断歩道を歩き始めた時、突然クラクションが激しく鳴って、右折するタクシーが通り過ぎた。

ううむ(# ゚Д゚)

歩行者優先やろ。

しかも、こんなに細い生活道路である。

この間、大津で保育園児が死亡する痛ましい事故が発生したけど。

なんだかねえ。

僕は、数年前に下の娘に会うためにカナダに行った。

ハリファクスっていう街だったけど、信号がない道路でも、歩道に立っていると、必ず(必ずだよ!)走っている車が停まってくれるのである。

えらい違いやなあ。

日本人の民度?が高いとかどうとか、ホンマかいなと思うのである。





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-05-12 08:53 | スナップ | Comments(6)

iPhone 8
e0374932_09020442.jpg


e0374932_09020788.jpg


e0374932_09020996.jpg


e0374932_09021100.jpg


ネタがないのでバカ犬の寝顔でも見ておいてくれ。

ちなみに、暖かくなってきたからか犬小屋ではなくもっぱら屋外(というのかリビングだけど^^;)のベッドで寝ています。

時々、庭で日向ぼっこもしている。

いずれにせよ、一日の大半を寝て過ごす気楽な犬。

ああ、わしも犬になりたい・・・







にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-03-25 09:05 | スナップ | Comments(0)

まんぷく食堂!?

iPhone 8 Plus
e0374932_09170881.jpg


e0374932_09171004.jpg


下の娘がオーストラリアにいる。

ワーキングホリデーっちゅうても、中身はワーキングプアである^^;

まあ、バイトですな。

日本料理店

上の写真は、新しいバイトが入ったというので店でパーティーをしたときのご馳走
すごいですなあ。
まあ、いつもこんなん食べてるんじゃないだろ?というと、次に送ってきたのが・・・

下の写真です。
これが普段の賄い

ううむ・・・

豪華である。

シェアハウスではオートミールとサラダしか食べてなくて、この賄いで栄養をとるらしい。

ちなみに、最初働いていたのは、鉄板焼き屋だけど、それは高級店?らしく、ワインだけで100種類以上あるのである。
覚えきれなくてそこはやめたらしい^^;

今の店はもっと庶民的な?店である。
週に一度のカツ丼デーには行列ができる人気店・・・というか、大坂なおみがカツ丼好きって言ってたけど、外国人もカツ丼うまいと思うのか(^^)

日本料理店に限らず、どの店でも日本人だと優先的に採用される。

理由は、まじめでよく働くから。

日本で学生時代にバイトしていたときみたいに、普通に働いていても、さすが日本人!と言われるらしい!

そりゃそうだろうなあ。
無愛想だものね・・・ヒコーキのスチュアーデス(最近はキャビンアテンダントというのか)にしても、レストランのウエイトレスでも、海外って。

なお、娘は以前はダウンタウンのシェアハウスに住んでいたけど、今はバイトに通いやすいようにシティのシェアハウスの中のシェアルームに住んでいる。

要するに、狭い部屋に二人で住んでいるのである。

最初は韓国人の女の子で、今は日本人のシェフ見習いみたいな女の子。

見ず知らずの者同士で、いやちゃうの?
と聞くと、全く気にならないという。
すぐ仲良くなったという・・・

まあ、それぐらいの神経してないと海外で働けんわな一人で。

わしにはムリ^^;



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-03-16 09:32 | 雑談 | Comments(2)

オキナワを返せ!

iPhone 8 Plus
e0374932_06511624.jpg


沖縄の県民投票で、圧倒的県民が辺野古新基地建設にノーを突きつけた。

当然だろう。

海兵隊は、日本の防衛のために必要なのではない。
アメリカの東アジア戦略と体のいい演習地確保のために駐留しているのだ。

尖閣で実際に戦闘が起きたら海兵隊が上陸して云々・・・なんか現実的に起こりえない。
以前にも書いたけど、あの狭い尖閣でどうやって地上戦をやるのだ?

南シナ海へ進出するためならグアムからでも距離は変わらない。

そもそも海兵隊を乗せる揚陸艦の母港は佐世保である。

これでは緊急時に何の役にもたたない。

いっそ、普天間の海兵隊を佐世保の近くに、佐賀か長崎に移転させればよいのだ。
純粋に戦術的にはそれもありだろ。

ものすごい反対運動起こるだろうなあ・・・九州で^^;

本土では住民の反対があるからできないことを、どうして沖縄では平気でできるのだろう???

沖縄は日本ではないのか??

アメリカ海兵隊はアメリカ本土へ帰れ!

もしくはグアム嘉手納へ移転すれば良い。

嘉手納基地は、世界有数の巨大飛行場だからね。
空軍と海兵隊が一時的に同居するなど、訳なくできる。

本気で考えれば、アイデアはいくらでもある。

その上、日米地位協定によって、アメリカ軍は日本の法律に縛られることなく自由に活動できる。

ドイツやイタリアでは、米軍といえども、きちんと現地の法律に従っているである。
日本に対してだけ、未だに占領軍気取りかアメリカ。

沖縄の民家を仮標的にした急降下など平気で行われている。

日本の航空法では、そもそも300メートル以下の低高度では飛行できないはずなのに、日本政府はまともに抗議もしない。

おかしくないか!?

しかも、普天間の沖合が軟弱地盤であることが明らかになった。

10年の工期兆単位の巨額がかかるのである^^;

オリンピック並みの大事業か・・・飛行場一つ作るのに・・・

その上、菅官房長官にいたっては、玉城デニー知事に普天間がだめなら対案を示せみたいなこと言ってたけど。

バカかこいつ

自分で考えろよ。
それが政府の仕事だろ。

なんで、知事が他府県や外国の都市を指定して対案を示さないといけないんだ。

どこまで人をバカにしてるんだろうこいつら。

しかも、いわゆるネトウヨというのか。
米軍基地に反対する人たちのことを「反日」だと言う。

ちょっと待てよ、沖縄は日本ではないのか!?
沖縄はアメリカの植民地か!?

お前らの方が、よっぽど反日だろ

沖縄のことを考えると、腹が立ってしかたがない。

いや、ホント。

沖縄原発に対しては、怒り沸騰なのである。
というか、日本人ならみんなそうだと思っていたけど、そうでないのが悲しい^^;





なお、写真は沖縄とは何の関係もない、昨年のクリスマスのメルボルンです。
下の娘の行きつけのバーですな。

一応、写真ブログなので、なんか載せておかないとなあと思って載せただけです。
他にネタないんで^^;





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-02-26 06:57 | 雑談 | Comments(2)

左上の接続マークがSoftBankになってる
e0374932_05591639.jpg


スマホの接続業者をmineo(docomoコース)からLINEモバイル(SoftBankコース)へ変更した。

本田翼ちゃんが、ラインモバイル~ チャラッ チャラッ てな感じで踊っているテレビCMのLINEモバイルです。

しかし、Ymobileの「ヤングマン」といい、UQの「UFO]といい、LINEモバイルの「いい湯だな」といい、やっぱり名曲なのかなあ・・・単純なメロディとリズムが妙に印象に残る^^; うまいこと考えるよなあCMつくっている会社も。

LINEフリーコースの音声シム 一ヶ月1200円でございます(_ _)

これは、つまりLINEは使い放題なのである。
ラインへの静止画や動画のアップやダウンロードも含めて高速で使い放題。

それ以外のネット接続は月1ギガ以内。
1ギガ超えた場合は速度を200Kbpsに制限。
または臨時にパケットを購入することもできる。

僕は、自宅では地元のケーブルテレビの回線が来ているから、Wi-Fiでインターネットに接続している。

クルマ通勤だから、電車でスマホいじる機会もほとんどないし。

ま、LINEとメールのチェックと天気予報とニュースサイトの閲覧ができれば十分なんですよ。
普段。

mineoのときは、毎月パケット余るから、3ギガコースなんだけど、2ギガをフリータンクに入れていた。

フリータンクって、不必要なパケットを月末に放り込んでおくと、パケット不足になっている人が無料で利用できるのである。

こういう互助的なしくみが面白いよなあmineo。


で、mineoでも不都合はなかったんだけどね。

たまに昼休み時間に接続すると、ぐっと速度が落ちる。
この辺、mineoがというよりMVNOはみんなそうだけど。


その点、昼休みや朝の通勤時間帯でも比較的速度が出るってことで評判が良いのがLINEモバイルとBIGLOBEである。

なぜか?

LINEモバイルはSoftBankの実質子会社だし、BIGLOBEはauの完全子会社である。

やっぱり速度的にはそういうところが有利なんだよなあ。

親会社が自前で回線持っているんだから。

てことで、LINEモバイルにしました。

なんだか総務省がカウントフリー(SNS・動画見放題)についてごちゃごちゃ言ってるみたいだけど・・・

快適です(_ _)


ちなみになぜMNO(三大キャリア)にしないかというと、接続料金もそうなんだけど、店舗のおねーちゃんの対応があまりに悪くてケンカしたこともあったし、2年縛りに、訳のわからないメールが問答無用で送り続けられたりとか、押し付けがましい電話が突然かかってきたりとか・・・(auですけどね)

鬱陶しくて仕方ないからでございます。
(あくまで個人的意見)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-02-25 06:06 | 雑談 | Comments(4)

モスクワの思い出 3

MINOLTA X-700  ネガフィルム(多分フジカラー)サービス版からスキャン

モスクワだったかレニングラードだったか
釣りをする少年たち
e0374932_07464545.jpg


街角でちょっとした食べ物や飲み物を売っている
これは何だったか忘れた(^_^;
e0374932_07464825.jpg


本や雑誌を売っている店
ここで新聞や写真集を買った
もちろんロシア語なので意味は分からず
e0374932_07465060.jpg


ここどこだったかなあ
キエフ(現ウクライナの首都)だったかなあ
忘れた
e0374932_07465335.jpg

シベリア鉄道に一泊だけする
窓外には荒涼たる風景しか見えない
それに寒い
しかも僕は二段ベッドの上の段
狭くて、柵も何もない
ズボンはいて、ベルトを壁のフックにかけて
落下に備えて寝ていた
e0374932_07465448.jpg



エルミタージュ美術館でガイドの説明を聞く
彼女と僕はひと悶着あった・・・
詳しくは本文を見よ!
e0374932_07581041.jpg




スモーリヌイ

ちょっと説明しておく。
僕が今回のソヴィエト旅行で一番行きたかった場所である。

革命直前までは、貴族のお嬢さん達の通う寄宿制の女学校であった。
ロシア革命時(10月革命)にはボルシェビキの本部が置かれていて、ここからレーニンが冬宮への突撃を命じる。

だから庭にレーニンの銅像が立っているの分かります?

ちなみに十月革命は「暴力革命」みたいに言われるけど、実際にはほぼ無血革命に近い。

革命後、ロシア各地で内戦が行われるんだよなあ。

この辺、日本の明治維新と似ている。

大政奉還って、無血革命だものね、それ自体。

その後、戊辰戦争や士族の反乱(西南戦争など)が起こるわけで。

革命ってそういうことか。


ところで、僕がここに行きたかった理由なんですけど。

世界をゆるがした十日間」って本、読んだことあります!?

アメリカ人のジャーナリスト、ジョン・リードの書いたルポタージュ文学の傑作である。
(どうでもいいけどIMEって、るポタージュとしか変換しないのは何故だ(^_^;)

ジョン・リードはこのスモーリヌイに泊まり込んで、世界に情報を発信する。
そして「世界をゆるがした十日間」を書くんだよね。


歴史が変わる瞬間に、その場にいて、自分の目で見たこと・聞いたことを書く


ルポタージュ(るポタージュではない)という形式は、彼が作り出したと言っても過言ではない。

ちなみに映画「レッズ」の中では、ジョン・リードをロバート・レッドフォードが演じていた。


「世界をゆるがした十日間」はアメリカをはじめ世界中で高い評価を得る。
が、その後、ソ連では発行禁止になるのである。

理由はスターリンについての記述が二度しか出てこないからだ(^_^;

レーニンやトロツキーは何度も出てくるんだけどね。
この点、ジョン・リードはスターリンという人物の本質までも見抜いていたのかなあ。
そういう点も、僕がジョン・リードをすごいと思う理由である。

e0374932_07465730.jpg


さて、モスクワの思い出も最終回

といっても、ハバロフスク・キエフ・モスクワ・レニングラード(現サンクトペテルブルク)の四都市を周ったから、どれがどこで撮った写真か分かりません。

なので、今回もモスクワの写真が一枚もないって可能性もあります。
あしからず(._.)


35年も前の旅行なので、記憶も曖昧なんだけど、総じてソ連旅行は楽しかった。
それは間違いない。

質素だけど清潔で健康的で親切で、平和でのんびりとした雰囲気

それに意外と自由

空港に降りたときから写真も自由に撮れた。

観光旅行客は団体ツアーしか受け入れないし、宿泊場所も外国人専用のホテルに限られている。

でも、街の中では自由に行動できるし、結構観光客で賑わっている。

西側からの観光客は少なくて、東欧系ベトナム人が多い。

僕たち日本人観光客は何度かベトナム人と間違えられた(^_^;

しかもである・・・

女性は皆とびきりキレイである。

ホントである。

アエロフロートのスチュアーデス(今はキャビンアテンダントと呼ぶのか)が信じられないほど美形であった。


その点、男は・・・・・

僕がオトコだから女性には甘く、男性に厳しくなるのか!?

僕らのツアーグループについた最初の通訳がひどい奴だった。

キエフ大学の日本語学科(東洋学科?)の学生かなんかだけど、バスの中でマイクを持って説明することがあまりなくて、バスの前の方に座っている女子大生何人かといつでもおしゃべりしているのである。

女子大生に聞くと、あれは何とか寺院で・・・こういう歴史があって・・・と流ちょうな日本語で説明してくれているらしい。

ううむ。

そこで、全員に分かるようにマイクで説明してよ!というと、少しはそうするんだけど。

結局、女子大生グループとぺちゃくちゃが始まるのである。

頭にきて、あいつしばいたろか!?と友達に言ったら、そいつ目がすわっていて、やったる!と低くつぶやいた。

彼は柔道の有段者で、しかも元暴走族である。
(本人はマッハ族であると主張するけど(^_^;)

バイクの事故でどっちかの足の親指がとんでしまって、母親に泣かれて暴走族をやめ、今は中学校の社会科教師をやっているという、よく考えると結構な人生を歩んでいるやつなのだ。

僕は、こ・これはひょっとして国際問題になりかねん・・と危惧したけど、途中で通訳が交代したのである。

ふ~


こんどは中年の女性で(その時は結構なおばちゃんだと思っていたけど、35年ぶりに写真で見るとそんなに年配ではなかった)メチャクチャしっかりしている人である。

彼女は、レニングラード包囲戦のさなかに、ドイツ軍に包囲されたレニングラード(現サンクトペテルブルク)で産まれたのだ。

これはすごい話である。

知ってます?
レニングラード包囲戦。
僕も今ウキペディアで調べましたけど(^_^;

900日間、ドイツ軍に包囲されるのである。

その間、67万人(一説には100万人)が死亡する。

これは実に、沖縄・広島・長崎・東京大空襲など大戦中の日本の民間人戦死者の総数を上回る数なのだ。

その中でも、私の両親は祖国の勝利を信じて私を産む決断をしました。

そして、レニングラードは解放されました。

パチパチパチ・・・聞いている僕達は拍手・拍手。

で、その彼女にエルミタージュを案内してもらっている時、僕は水晶で出来た巨大な宝物・・・鳥だったかなあ?詳しくは忘れたけど・・・を実はプラスチック製なんじゃないの?と言ったのである。

ブチっときたようでしたね、彼女。

音がしましたブチっと(^_^;

いえ、これは全て水晶です。

と真顔で答えて、それ以降、他のメンバーには笑顔で説明するのに、僕にだけ笑いかけなくなった

ううむ。

関西人のノリは通じなかったのである(;.;)


後、真夏に行ったんだけど、ビールが冷えてないんだよなあ。

てか、ビールを冷やすという習慣がないみたいで、その代わりウオッカやワインはギンギンに冷やしていた。

ううむ・・・


わしはきりっとよく冷えたビールを飲みたいんだよ~
誰でもそうだと思うけど。


ま、今行ったらソ連も・・・じゃなかったロシアウクライナもすっかり変わっているだろう。

でも、35年前のような感動はないかもしれん。

僕が若かったってこともあるし、何といっても生産システムや政治組織が180度違う国だったからね、当時は。


てなことで、セピア色の写真曖昧な記憶でつづるソ連旅行記はこれでおしまいでございます(._.)


長文、どもでした(._.)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-01-20 08:40 | 旅行 | Comments(10)

モスクワの思い出 2

MINOLTA X-700  ネガフィルム(多分フジカラー)サービス版からスキャン

幸福そうな家族
e0374932_07411854.jpg


昼間からウォッカをラッパ飲みする男性(^_^;
e0374932_07412194.jpg


ピオニール(共産主義少年団)の子供たち
e0374932_07412498.jpg


ピオニールキャンプを訪問
歓迎してくれる高学年の女子
焼き立てのパンと塩
e0374932_07412631.jpg


ピオニールキャンプの指導者
コムソモール(共産主義青年団)の責任者
e0374932_07412822.jpg

ご好評につき(ウソですよ。他にネタがないだけです(^_^) ソ連邦シリーズ第二弾。


僕がソヴィエトに行ったの1984年でした。
ロサンゼルス五輪の年です。
空港に向かうバスの中で瀬古が走っているの見ていたもの。

2年後にチェルノブイリの原発事故が起こって・・・
その後、ガタガタになるんだよなあソ連。

僕が行ったときは、アンドロポフが急死してチェルネンコに代わった時です。
共産党の指導者。
その後、彼も急死して、ゴルバチョフになるんだけど。

ま、ソヴィエトがまがりなりにも安定していた最後の時期と言えるのかなあ。

市民の生活は平和そのものだった。


今も覚えているのは、ハバロフスクで夜、アムール川に沿って散歩していると、公園の中で若い男女の歓声が聞こえるのである。

あちこちで。

高校生?大学生?ぐらいが鬼ごっこ?みたいなことをしている。

ううむ。
夜、遊べるようなネオンキラキラみたいな場所がないからね。

一昔前の青春ドラマを見ている感じで微笑ましかったですなあ。


ピオニールのキャンプでは、担当者がこの子たちには近くの牧場や農場で採れた一番いい牛乳と肉と野菜が提供されるんだよ!と胸を張っていた。
子どもは国家の宝だから。

指導しているコムソモールの女子大生に、子どもを指導していてタイヘンなことはないの?
と聞くと、しばらく考えてから、一人ひとりの子どもにとってのキーワードを見つけることだと答えた。
なるほど。
しっかりしているなあ。


街のデパートや市場を見て歩く。
西側的な感覚で見ると、ぜいたく品はないし、品ぞろえも乏しい
でも、生活必需品や食料品はそろっているし、安い
基本、失業はないし、教育費医療費は無料またはそれに近い。


なるほど、これが社会主義社会か・・・と納得する。


もっとも、当時の僕なんかは全く知らなかったけど、水面下で崩壊の序曲・・・みたいなのが進んでいたんだろう。

腐敗した官僚制。
一部の党幹部への権力集中と国家機関の私物化。
反体制派への容赦ない弾圧・・・などなど。

そんなことを口にはしないまでも、薄々はみんな知っていたはずだ。
ソヴィエトの市民は。

しかし、少なくとも安定して食っていくことはできる。

ここが大事なところだよなあ。

安定して生活できる。
食っていける(と思っている)間は革命は起こらない。

食っていけなくなる!と感じたときに世の中はドラスティックに変化するのである。

そう思いません?


1989年にベルリンの壁が壊され、1991年にはソ連邦が崩壊する。

あっという間だよね。

歴史が変わるときって。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-01-19 07:40 | 旅行 | Comments(4)

モスクワの思い出

MINOLTA X-700  ネガフィルム(多分フジカラー)サービス版からスキャン

観光船上で歌う歌手
e0374932_06463474.jpg


観光船上でくつろぐ地元の女学生?
英語が通じず
僕の発音が悪かっただけか(^_^;
e0374932_06463748.jpg


結婚式に遭遇
社会主義国なので宗教色なし
二人で役所に手続するだけ
その後、パーティーするらしい
e0374932_06463932.jpg


カメラを向けるとポーズをとる兵隊さん達
e0374932_06464274.jpg


僕が初めて行った海外旅行・・・35年ほど前ね(^_^;

すっかり色あせているんだよなあ。

サービス版プリント。

ソヴィエトですよ。
ソヴィエト社会主義共和国連邦。
ロシアではありません・・・(^_^)

懐かしいなあ。

日ソビューロー(日ソ友好協会だったかなあ?正式名称。違ったか?)のツアーである。

モスクワって書いたけど、どれがモスクワキエフハバロフスクか・・・記憶にない(^_^;



ところで、兼高かおるさんが亡くなりました。

ううむ。

新しいものに出会えるのなら、どこにでも行きますわ

好奇心行動力のかたまりである。

地球を180周分だものなあ。

子どもの頃、よく見ていたなあ「兼高かおると世界の旅」

何というか、単に美人というだけではない。

困難に思えることでも軽々と超えていく、彼女のあの明るくて軽快な感覚は何なんだろう?

誰と会っても、常に堂々としていて自然体である。

変にへりくだったり、逆に虚勢を張ることもない。

分からないことは分からないと言う。

怖いもの知らず。

しかし、プロデューサーカメラ撮影ナレーター、撮影後の編集も自分でやっていたんだよなあ。

フィルム撮影の時代に。

ううむ。

今の日本に彼女のようなホントーの国際人っていないよなあ。


合掌(._.)






にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


by mzdog43 | 2019-01-18 06:53 | 旅行 | Comments(4)